<< 補助金2億円、5法人に滞留 厚労省所管(産経新聞) | main | 女子高生200人がお願い! 警視庁など痴漢撲滅キャンペーン(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.04.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<脳卒中>速足女性はリスク減 毎分80メートルで発症低く(毎日新聞)

 1分間に80メートル以上という速足の女性は、普段歩かない女性と比べ脳卒中を発症する危険性が約4割低いことが、米ハーバード大などの大規模調査で分かった。速さに関係なくこまめに歩く女性も同様の効果があった。散歩の有効性を示す成果として注目される。6日付の米心臓協会誌(電子版)に発表する。米国在住の健康な女性3万9315人(平均年齢54歳)を対象に約12年間、歩行距離やその速度などを2〜3年おきに申告してもらった。調査期間中に脳卒中を発症したのは579人いた。

 その結果、歩く頻度を問わず、分速80メートル以上の人が脳卒中になる危険性は、普段歩かない人と比べて37%低いことが分かった。分速53メートル以下のゆっくりと歩く場合の危険性は18%減にとどまった。

 しかし、週に2時間以上歩く人は速度に関係なく、歩かない人に比べ30%低いことも判明した。

 一方、脳卒中のうち特に死亡率が高い脳出血では、分速80メートルの人で、歩かない人に比べ危険性が68%、週2時間以上歩く人は57%、それぞれ低かった。

 歩行を含めた適度な運動は高血圧を防ぐ効果があると言われるが、男性の場合、別のチームの分析で明確な関係は得られなかったと報告されている。

 研究チームは「性別の違いが何に起因しているのかは今後の課題だが、こまめに歩いてほしい」と呼びかけている。【八田浩輔】

【関連ニュース】
虚偽表示:健康食品ネット販売の320社を指導 消費者庁
妊娠糖尿病:診断基準を厳格化
3月号
1月号
12月号

宇宙滞在1日延長=山崎さんシャトル(時事通信)
美濃まつり 和紙の里に力強く春の声 華やか「花みこし」(毎日新聞)
民主党政権へ 自滅は御免こうむる(産経新聞)
境内眺めワイン茶会、お点前堪能…東大寺(読売新聞)
元税務課職員2人に逮捕状=不正経理、神奈川県庁捜索−県警(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2010.04.24 Saturday
  • -
  • 09:41
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
リンク
ネットビジネス
ネイルサロン
ブラック キャッシング OK
借金整理
カードでお金
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM